チョークアートはどうやって作ってるの?

チョークアートは一体どの様に作られているのか気になりませんか?!

 

一見簡単に描かれている様に思われがちのチョークアートですが、実はとても時間をかけて描いています!

 

チョークアートにも色々な描き方があります。画材の種類もたくさんあります。

同じ様な絵柄の物に見えても、描き手により二つと同じもののないオリジナリティある作品になります。

 

こちらポジチョークアートではどの様に作品を制作しているのか?どの位の時間がかかるものなのか?の疑問を解決すべくご紹介をしています!


作品が出来上がるまで

まずはデザイン案を考えます

○ここでの時間は無限です…デザインを考える事は常にしているかもです!1番時間がかかるかもしれませんね(^◇^;)



②考えたデザインを描いていきます

○デッサンは丁寧にしっかりと!

実はココもかなり大切なポイントです!



ボード作りに入ります

○予めオーダーサイズにカットしたボードへ

特殊な塗料を使い制作していきます。



塗料を適量ボードにのせ

ムラができない様に塗っていきます



乾いてから、もう一度

同じ様に2度塗りをして乾かします。

これでボードの準備が完成!



用意した下絵デッサンを、ボードへ描き

 


いよいよチョークで色入れ開始

○色合いを調整しながら描いていくため

一つのアイテムに数時間かかることも

大きさ・デザイン内容の難易度によりますが

この作品はココまでの作業工程18時間程…

ちょうど半分くらい出来ました



⑧上の作業を繰り返し全て塗り終わったら、最後に全体的に汚れた部分や余分な部分を綺麗に整えます↓

◯この作品はA3ボードで、作業を始めてから25〜26時間前後だったかと思います。あくまでも私個人の制作時間になります、ご参考まで・・・



全体の色合いやバランスなどの最終確認で問題がなければ、描いた物を保護するためのスプレーをかけます

しっかり乾いたら完成です!



●以上の工程に飾り用のバックボードフックなどを付ける場合はプラスαの工程時間となります。


サイト内の画像・動画・記載の記事など

無断複写や転写、使用は固くお断りします