チョークアートって何?


横浜でチョークアートボード制作をしている【Posi chalkart Yu~(ポジチョークアート ゆー)】と申します。 

チョークアーティストとして作品制作をしつつ、カルチャーやワークなど講師活動もときどきしております。

 

今回はまだチョークアートをよく知らない!どんなものなの?という方の為に、チョークアートがどんなものなのかをわかりやすQ&Aでご説明したいと思います↓

アート界の中ではまだまだ新しいチョークアートの世界!日本でもカフェやディスプレイなどで目にする事も多くなりましたが、まだよく知らない方も多いかもしれません。

そんなチョークアートの世界をより多くの方に知っていただけますように…

Q そもそもチョークアートって何?


【A】

特殊な塗料で色付けした木製のボードへ、オイルパステル(クレヨンを柔らかく滑らかにた様な画材)という画材を用いて描いていき、指を使って仕上げていくアートです。

Qチョークアートどう描くの?


【A】

ボードへ絵や文字を描き、指を使ってブレンディング(混ぜ合わせる)することで絶妙な色合いを作り出し、特有の風合いや絶妙なグラデーションを作っていきます。


Q チョークアートで描くメリットとデメリットは?


メリット・・・

 

●人の目を引き付けるインパクト!!

●希少性のある他にないオリジナル性!!

●手描きならではの温かみ!!

●時代を選ばないオシャレな要素!!

●好みのご要望でデザイン制作可能!!

デメリット・・・

 

●内容により作業時間を要する

●手作業の為大量生産が難しい

●手描きによる微妙な誤差

●木製ボードは水に弱い

●コーティング後も傷には注意


Qチョークアートの発祥は?


【A】

チョークアートはもともとオーストラリアなどを中心に、店舗看板として多く用いられた事から徐々に広まり、現在の様に様々な場面で用いられるアートとして知られるようになりました。

 

最近では日本でも、店舗看板やウエルカムボードなど目にすることが増えてきたと思いますが、歴史古いアート界の中ではまだまだ歴史の浅い新しいアートです。

Q 黒板アートとは違う物なの?


【A】

チョークアートには色々な種類があります。

●学校などの黒板へチョークで描くもの

●ストリートなどで壁や道路へ描くもの

●ペンなどを使って描くもの

●オイルパステルで木製ボードへ描くもの

etc.

 

こちらでご紹介しているものは、特殊な塗料を塗った木のボードへオイルパステルを用いてモノクロやカラフルな文字や絵を描くチョークアートです。


Q どんなものを作れるの?


【A】

チョークアートは様々なところで使われており、いろいろなものを描く事ができます。

 

▶︎店舗用看板やメニュー看板

▶︎ウエルカムボード

▶︎人物やペットの似顔絵

▶︎アートとして壁画やインテリボード

など・・・

 

上記の様にいろいろな用途で制作が可能で、チョークアートによるオリジナルのアート制作はインパクトのある世界に一つの作品となります。

Q 体験初めてでも出来る?


【A】

体験教室では子供から年配の方までどなたにも簡単に楽しく体験していただける様に、こちらで下絵の準備をしてあります。参加者の方には気軽に塗り絵感覚で簡単に楽しんでいただいています。

体験では画材なども全てこちらでご用意しておりますのでご安心ください。

 

ご興味のある方は教室案内をご覧ください↓


Qチョークアートは黒板に描くものとは違うの?


【A】

チョークアートには、学校などで使われている一般的な黒板に通常のチョークで描くものもありますが、ストリートなどで道路や壁面に描かれるものや、店舗などの看板として描かれているものなど、さまざまな種類のものがあります。

ここでのchalk art(チョークアート)は、オイルパステルと言う画材を使い、手描きで描いていく、やかで消えない絵や文字を描くチョークアートをご紹介しています。

Q注文はどうすればいい?


ご注文に関するご質問やお問い合わせなど、まずは以下よりお気軽にお問い合わせいただけます。

ご注文までの流れを↓以下にてご紹介していますのでそちらも是非ご参考下さい。


最後までご参考頂きありがとうございました。

こちらでご紹介した内容は

Posichalkartの紹介するものとなります。

了承ください。



サイト内の画像・動画・記載の記事など
無断複写や転写、使用は固くお断りします